CROSSMEDIA PLANNINGクロスメディアプランニング

複数のメディアに一貫したコンテンツを落とし込み、
ブレない情報提供によって「効果」や「ブランド」を生み出します。

クロスメディアプランニングとは、PR活動を行うとき、一つのメディア(広告媒体)から別のメディアに消費者を誘導していく仕組みを指します。
分かりやすい例を挙げるなら、テレビからインターネットのホームページへ、クーポン雑誌にあるQRコードから携帯サイトへというように、広告媒体をスムーズに移動しながら情報を集めていくので、クロス(交差する)メディアと呼ばれています。

メディアといわれるものには、以下のようなさまざまな種類のものがあります。

このようなさまざまな媒体を複合的に利用することによって相乗効果を生み出し、単体でのPR活動よりも高い効果を狙う戦略が「クロスメディアプランニング」です。
近年、急成長をしている企業の多くが、このクロスメディアプランニングをうまく取り入れ、PR活動を行っています。

ビネクティアは「コンテンツ」に自信があります

クロスメディア戦略に欠かせないものの一つが「コンテンツ力」、つまり発信する情報の中身です。
企業や組織の強み・差別化部分を、文字や画像・映像など、見える形に作り変え、さまざまな媒体を利用してクロスメディア展開することで、見込み客や顧客に向け、より効果的なマーケティング活動、ブランディング活動を行うことができます。

vinectia(ビネクティア)では、各種メディア制作を行ってきた豊富な実績を基に、メディアの垣根を取り払い、一貫したメッセージやキーワード、クリエイティブイメージによるプランニングを行っています。
クライアント様の目的に合ったコンテンツの企画・制作から、マーケティング・ブランディングの設計までを、トータルにサポートさせていただきます。

神戸の制作会社ビネクティアのクロスメディアプランニング
  • ホームページ(Webサイト)と会社案内によるブランディング強化
  • ターゲットの違いを意識した会社案内とPRチラシの企画立案および制作
  • ホームページ(Webサイト)でのキャンペーンと告知DMの制作
  • 取材によって作成したコンテンツをパンフレットとホームページ(Webサイト)の両メディアに活用

など、様々なサービスがあります。

お気軽にお問い合わせください

078-599-6432

平日9:00〜18:00